本文へスキップ

会社案内

  「本物の味」を作り上げる事は意外に大変なのです。
 

    冷凍食品の総合商社としての当社の活動は、主に卸販売などを行っております。
  取扱商品のうち約50%が手作りの物。その全てが製造会社に協力を求め、当社が研究開発した製品です。その平均アイテムは約1000種類。 吟味された品質のよい生鮮三品(肉・魚・野菜)を使用し、一つ一つ手作りで和風を中心に洋風・中華風と多種多様な冷凍食品を製造し、お客様に提供しております。
 
    オートメーション化が進む時代の中で、あくまでも手作りにこだわる理由は、

○郷土色・素朴さなどの特色を生かす事が出来る
○質の良い素材を使用する事により、特殊な技法を用いなくて も高品質の製品を提供することが出来る
○お客様各々の嗜好に合った品質を提供する事が出来る
等の点が挙げられます。

  当社は全ての商品に同じ良質の素材の物を使用。その全商品の売り上げの90%が惣菜で占められています。お客様の御要望により、新製品の開発も承ります。
  その場合、実現性・コスト等、お客様の意向を十分に把握しているか検討。協力会社に依頼し、研究・試作が繰り返された後、平均約1ヶ月程で製品が出来上がる、というシステムを取り入れております。
  長期保存のイメージの強い冷凍食品。しかしあまり長い期間では、品質が低下するのも免れない事実。鮮度に気を配る事も、重要なポイントだと考えます。製造から店頭に並ぶまでの期間をできるだけ少なくするために、製造元から量販店へ、当社のルートセールス(営業マン)が直接お届けします。これは仲買いなどの手間が省けると同時に、コスト低下へとつながる為、量販店の方々に大変喜ばれております。
  保存期間の規定は、商品が店頭に並んだ日から30日後までを販売期間目標とし、このサイクルで新しい商品を提供しております。一般と比べて回転が早いのは、当社の商品の鮮度や品質を考慮した上での事。自信を持って販売できる期間といえます。

  営業エリアは、本社・各営業所がある岩手・青森・秋田・宮城はもとより、山形・福島を含め東北6県を網羅。当社の誇る流通システムを遺憾なく発揮し、縦横無尽こまめに各地を回っています。
  またルートセールスの車には、常時約400種類程の商品が積載されておりますので、その場で注文、その場で受け取りという事が可能となります。お客様の声に耳を傾け、いつの時代にも通用する『本物の味』を皆様に提供し続けていきたい、それが当社の課題です。